みんなどうやって選んでいる?一人暮らし向け賃貸物件の選び方


やはり間取りが決め手になる

一人暮らしの場合、やはり重要なのが間取りです。基本的に、一人暮らしであればワンルームで事足りますが、手狭に感じて1LDKや2DKなどを選びたいという人もいるようです。さらに、一人暮らし向けの賃貸物件の場合には、設備にも注意をしておきたいところです。例えば、ワンルームだとスペースの関係でユニットバスの物件が多いです。しかし、お風呂はゆっくりと浸かりたいという人も中に入るため、バス・トイレ別というニーズに応えられる物件も探せば見つかります。

通勤や通学で便利な路線で選ぶ

通勤や通学のことを考慮に入れて、賃貸物件を探すことは重要です。通勤や通学となると毎日の生活の密接に関係するため、できれば利便性の高い物件を選ぶことが好ましいです。駅から徒歩5分以内の物件は確かに賃貸料が他のところに比べて高いという傾向があります。しかし、通勤や通学のことを考えると、多少家賃が高くても利便性を優先したいという人が多いので、家賃の高さは目を瞑るという人も少なくないと言われています。

環境の良さで選ぶ賃貸物件

生活する上で大切なことは、環境の良さです。たしかに、繁華街の中心部はコンビニエンスストアや飲食店がすぐ近くにあるので便利です。しかし、人の往来が激しいので騒音が気になることも多く、また、治安が悪いということもよくあります。その点、閑静な住宅街であれば、周囲は住宅が集まっていて、学校や公園などが近くにあるばあいも多いので、環境的には優れています。自分の生活において、何を重視するかをよく考えることです。

遠方から室蘭の賃貸を借りるときには現地に行かなくても問題ありません。電話やメールで物件相談をして郵送で契約までできます。