住宅ローンはどこまで使える?原則を理解しておこう


住宅ローンは土地の購入と建物の建築に使える

住宅ローンは自分が居住する目的で手に入れる住宅の獲得を目的として利用できるローン商品です。ただ、注文住宅を建てるときに気を付けなければならないのが、どこからどこまで住宅ローンでカバーできるかです。実は住宅ローンでは払えないと思っていたものが払えたり、当然住宅ローンで支払い可能だと思い込んでいたけれど実は使えなかったりすることもあるので注意しましょう。注文住宅では土地の購入費用と建物の建築費用に対して借りたお金を使うことができます。不動産取引のときに必要になる各種税金や仲介手数料などについては支払うことができないので注意しましょう。引っ越し費用などについても同様で、周辺で必要な費用は別途工面する必要があります。

外構工事に気を付けよう

建売住宅を購入するときには立派なガレージがある家や、広い庭があってガーデニングができる家の代金を住宅ローンで支払うことができます。しかし、外構工事については注文住宅の場合には気を付けなければなりません。原則としては外構工事は住宅ローンで支払うことができないのです。あくまで居住用に利用する建物を建てるために必要な費用を工面するためのローンなので、それに付帯する外構部分については支払いの対象とならないのです。建売住宅の場合にはそれも含んだセットとしての住宅になるので一緒に購入することができます。ただ、注文住宅の場合には外構工事を別の業者に依頼するのが一般的なので、住宅の建築とは別と考えられているのです。

名古屋の注文住宅を選ぶポイントとしてアフターサービスがあります。外壁や湿気とりなどのメンテナンスのサポートプランを提供してくれる業者があるのです。