これが付いているか確認しよう!入居者に合わせた賃貸物件必須の設備を紹介!


入居者の家族構成により異なる必要な設備

賃貸物件は、ファミリーや単身者など入居者の種類により間取りや設備が異なります。ファミリー用より単身者用の物件の方が間取りが狭くなるのは当然でしょうが、設備の違いに着目する人は多くありません。ファミリー用であれば、ベビーカーをはじめ子どもの遊具や三輪車などを置くスペースが欠かせないでしょう。玄関内が狭ければ室内に置くことが難しくなり、玄関前の共有スペースに置くことも珍しくありません。賃貸物件の共有スペースに私物を置くことは原則として禁じられていることが多く、近隣トラブルの原因にもなるでしょう。駐輪場が広かったり玄関付近にゆとりのあったりする物件であれば、こうした問題もトラブルに発展する可能性が低くなります。子どもによる生活騒音は抗議したところで解決を望むことは困難なので、防音性の高い物件を選ぶことも必要です。

単身者用の賃貸物件に望ましい設備

単身者用の賃貸物件であれば、子ども用の遊具の置き場の心配はありませんが、ファミリー用とは異なる設備が必要となります。まず、単身者は家を空けることが多いので、宅配ボックスがあれば、不在通知を受け取った後宅配業者と連絡を取って再配達を依頼する手間が省けて便利だと言えるでしょう。また、女性用の単身者賃貸住宅であれば、オートロックや防犯カメラなどのセキュリティがしっかりとした物件を選ぶことが必要です。可能なら警備会社と契約して動体探知機などの設備を備え、緊急事態にも警備員が駆けつけるなど対応できる物件がおすすめです。

札幌東区の賃貸はアクセスが良い物件が多いです。札幌の栄えている地域に通いやすいので通勤も楽になります。