賃貸オフィス選びは何で選ぶと正解!?基本的な3つのポイント


エリア選びが最優先となる理由とは

賃貸オフィスを選ぶ際には、エリア選びを最優先とする理由として、通勤と来客という2つの視点があります。通勤に不便過ぎる場所では社員が毎日通勤するだけで疲弊しかねません。そこで、少なくとも通勤しやすい場所選びが重要なポイントとなります。一方、商談のために来客がある業種ならば、取引先に訪れてもらいやすい場所を外せません。来客の有無により賃貸オフィス選びは、社員と顧客どちらの立場で選べば良いのか決まります。

用途に合わせて面積を決めよう

来客の有無と量により応接室や会議室として使用する場所の面積が変わるので、社員数だけで賃貸オフィスを選ぶと失敗しがちです。実際には社員のデスクを置く場所だけでなく、事業に必要な多目的ルームとして使用可能な部屋を設置する前提で考えなければなりません。来客が全くなければ応接室はいざという時に使う1つのみで構わないと考えられ、社員がチームごとに事業展開するためのスペースを確保することが優先です。

固定費となりやすい賃料でバランスを調整

エリアと必要な面積が決まったら、最終的に賃料が予算内に収まるかどうかで賃貸オフィス選びは最終判断を行うことになります。なぜなら、エリアと面積で理想を追求しすぎると賃料が高額になりすぎて、会社の利益を圧迫するほどの賃料となりかねないからです。賃料は毎月払わなければならない固定費となるので、いかに経費計上できるからといって予算オーバーとなる金額は出せません。最終的な判断を行うためにも、最初から賃貸オフィス選びには予算を決めておくことが望ましいです。

中央区で賃貸オフィスの契約が可能なエリアは広範囲にわたっており、大企業ばかりでなく小規模事業者の間でも入居希望の件数が増えています。