注文住宅の設計において注意すべきポイントとは


収納の配置に注意しよう

注文住宅は施主の希望に合わせて自由に設計できる反面、あまりに独創的な構造にしてしまうと、かえって住みにくくなってしまったり、将来売却することになった際に買い手が付きにくくなってしまう恐れがあります。そのため、ある程度、住みやすさを重視して設計する必要があるのですが、その際に押さえるべきポイントの一つが収納の配置です。一般的に同じ家に住み続けていると荷物は増え続けていくものですので、家を建てる時点では十分だと思っていても、後になって収納が不足してくるというのは珍しいことではありません。そのため、なるべく収納スペースは少し余裕があるくらい多めに確保するようにするとよいでしょう。できれば、各部屋に一つずつ収納が用意できるのが理想です。

コンセントの配置に注意しよう

収納とともに家の設計時に注意しておきたいのが、コンセントの配置です。現代社会においては、家の中に数多くの電化製品があるのが普通ですので、コンセントの数が十分に確保できていないと、タコ足配線になってしまうおそれがあります。また、コンセントの位置が遠くにあると、室内に延長コードを張り巡らせなければならなくなり、見た目にもきれいではありません。そのような事態にならないようにするためには、設計を行う段階で家電の配置をある程度決めておき、その近くに必ずコンセントが配置されるようにするとよいでしょう。設計段階であれば、コンセントを増やすのにそれほど費用はかからないため、迷ったらとりあえずコンセントを設けておくのがおすすめです。

東京の注文住宅を考えるとき、市町村によって土地の値段が違います。住みたい場所の土地を探し、値段を把握してから建設業者を選ぶ必要があります。