賃貸物件に住むなら?魅力的な「駅近物件」に注目!


駅近物件なら移動が楽!

賃貸物件を選ぶとき、重要視したい条件が「駅近物件」になります。駅近物件は、最寄り駅から物件までの距離が短く、5分程度で移動可能な物件を指します。電車で会社や学校に通っている方にとって、家から駅までの徒歩、またはバス移動は、大変な労力になります。駅近物件なら、ほとんど体力を使わずに、駅まで移動可能です。また駅近物件なら、通勤時間の時短になります。駅まで徒歩20分の物件と、駅まで徒歩5分の物件では、片道15分の差が出ます。同じ駅なら、15分の出勤時間の時短になります。また短縮できる15分を使って、会社や学校から少し離れた駅に住むこともできます。会社や学校が繁華街にある場合は、離れた街に住むことで郊外になり、家賃が安くなるかもしれません。

駅近物件は買い物も便利!

駅近物件の魅力は、通勤や通学が楽という点だけにとどまりません。ほとんどの街は、駅を中心に発展しているため、駅の近くには、大きな商業施設があったり、市区町村の役場や、金融機関、郵便局が設置されていたりします。そのため駅近物件に住むということは、駅の近くに住むだけでなく、商業施設や役場の近くに住むということにもなります。駅前にスーパーや、商店街があれば、不足したものを買いに行くときに、とても便利です。また必要な手続を、近所の役場や金融機関等で済ませられるのは魅力的です。駅前には、バスの発着所や、タクシーの停車場も設置されています。電車以外の交通手段で、どこかに移動する時も、駅近物件に住んでいると便利です。

千歳の賃貸は、空港や主要都市へのアクセスが良い立地にアパートやマンションが点在しており、通勤や通学の利便性を重視する学生からサラリーマンまで多くの入居希望者から選ばれています。